読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からの漫画家入門

ブログ始めました(^o^)

シン・ゴジラを見終わった話

前回の続きとなりますが、見終わりました。

映画館で鑑賞した時はまさかの寝落ちで(^_^)ヤシオリ作戦の準備のところが完全に抜け落ちていたのですが、なんとか繋がりました。

 

そして、正直映画館で見るより、ブルーレイで家で見る方いいですよ、この作品。

 

なんでかっつーと、兎に角登場人物が早口でカット切替も早いから、字幕を出せて、何回でも見直せるというのが大変良いのです。

 

映画館では「すげーなー」で終わったのですが、ブルーレイで「泣きました」

見返して見るとやはり84年版との共通性が見えてきますね。

84年版からメーザー車とかスーパーXとかの超兵器を除いて、政府首脳の芝居を厚くしたらシン・ゴジラになるのではないかと。(浅薄な考察)

小林桂樹演じる首相が東京で核を使いたがる米露を懸命に諫めるところなんか、結構相通じるところがあるのではないかと・・・。

 

なにより一番はゴジラへの対抗手段、何かを飲ませてゴジラの行動を止めようとしたところです。

84年版って色々言われますが、カドミウム弾でゴジラを止めようとしたところなんて、一番理知的で確実性のある対抗手段だったと思いますね。

あのアイディアを思いついただけでも凄いと思いますよ。

 

あと、シン・ゴジラは立川が沢山登場して嬉しい(^_^)

 

 

 

広告を非表示にする