50歳からの漫画家入門

50歳にシテ漫画描きを目指すおっさんの試行錯誤を晒していくブログ

恐れ多くも漫画家志望ランキングに登録してしまいました(^o^)頑張りたいぞ

漫画家志望ランキング

あの日見た給湯器交換の意味を僕たちはまだ知らない

初めに

さて、結構前に2回書いた給湯器交換機について

moto-gaiyan.hatenablog.com

moto-gaiyan.hatenablog.com

 

東京ガスの代理店の方が、我が家の給湯器に「危険」のシールを貼ったため、降ってわいた給湯交換。

 

最初にその代理店に見積をもらったのですが、エネファームで150万、普通の給湯器で50万という法外(自分にとっては、ですが)なものでした。

エネファーム補助金などによって、最終的には70万くらいになるとのことで、かつ電力も得られると聞いて、一瞬傾きかけたのですが、やはり70万円はお高い!

 

ということで、ネット(まあ某価格サイトですが)を検索。

代理店が提示してきた機器と同型のものの見積を取ってみました。

 

調べたのはノーリツGTH-C2450SAW3H BL (定価約40万)

 

A社  173,360円

B社  130,997円

 

これ以外にも取り付けに必要な部品台、撤去費、工事費等々があるんですが、まあそれは両社ともあまり変わらず。

大きいのはこの本体の値引き額です。

 

ただ、A社はサポート充実を謳っており、何かトラブルがあれば自社のサポート電話サービスがあることかをアピールしていました。

B社は安さ爆発なので、サポートはあくまでメーカーに依頼してもらうとのこと。

工事の時、業者の方にも確認しました。工事が終わった段階で、その後はメーカーに連絡して下さいとのことでした。でも工事にかかるトラブルだとメーカーに言っても断られる気がするんですが・・・

 

最終的には A社は約30万B社は27万円でした。

A社はメーカー7年サポート(約0.8万円)が含まれています。

 

代理店から発注するより20万以上お得でした。

結論

結果的にB社にしました。

特に工事は問題なく終了し、3ヵ月、無事に動いております。

後は1年以内に保守サポートをどうするかなんですね。

 

www.noritz.co.jp

 7年で 7400円

10年で 26,400円  なのです。

 

7年から10年、たった3年長くするだけで3倍以上値段が高くなります。

これって、7年以降故障率が高くなるってことですよね。

7年以降1回でも修理に来てもらえば人件費だけでウン万円でしょうし、ここは10年入っていた方が良いのか・・・

まだ悩んでおります。

 

まとめ

 

今回の経験として、ガス給湯器の値段は同じ機種でもかなり値段のばらつきがあるのが判りました。

大きい声では言えませんが、ガス給湯器の定価ってあってないようなもんですよね。

二重価格 なのでは・・・(^o^)

 

ネットのない時代だったら、近所のガス屋さんで言い値で取り付けてしまったでしょう。

 

ただ、値段=安心料(サボート)の部分がありますので、あまりの激安店は注意した方が良さそうです。

 

皆様も良い給湯器ライフを!