50歳からの漫画家入門

50歳にシテ漫画描きを目指すおっさんの試行錯誤を晒していくブログ

恐れ多くも漫画家志望ランキングに登録してしまいました(^o^)頑張りたいぞ

漫画家志望ランキング

部屋と地デジアンテナとワタシ その1

さて、2017年、我が家は給湯器に続き地デジアンテナも設置いたしました。

 

今回はその顛末を。

 

 

勿論、我が家はこれまでTVを見ていないわけではなく、ケーブルテレビ→フレッツTVと来ていたからであります。

 

そして、なんで今頃アンテナを立てるかというと。

 

フレッツ光→光コラボの呪縛から解き放たれたいから

 

 

です。

 

まあ、現在ソフトバンク光なんですけどね。

 

 

 

当初、フレッツTVを継続するため、他の光コラボでもヨイカナ〜、と思っていたのですが、調べ初めてはじめて判ったのですが、一旦光コラボに転用したら他の光コラボに再転用できない。(新規扱いになる)

 

 ここいら辺を参考にさせていただきました。↓

hikarikaisen-style.com

しかも、我が家電話を光電話にしていたのですが、他の光コラボでも他の光回線でも同じなのですが、一旦アナログに戻さねばならず、費用も発生するという・・・

 

兎に角光回線という最先端(?)をいくテクノロジーですが、使用に関しては明らかにアナログの極み。

 

我が家は独特のモデル形状だったADSLモデムの時代からソフトバンクだったので、もう10年くらいになります。

今メールを見てみると再過去は 2008年のものでした。

 

SNSとかないので、友達とやっていたMLが沢山流れており、そこで話題になっているのは北京オリンピック^^;

 

そんなソフトバンクさんともついにお別れです。

 

携帯もソフトバンク携帯を使っていないので、心置きなく切り替えることができます(^o^)

 

また少し脱線しますけど、現在格安SIMを使用しているので、かつてのiphone1台分の金額でスマホ3台運用できております。

ありがたし。

 

で、脱線した話を元に戻しまして・・・

 

 

そんなわけで、テレビをアンテナにし、光電話を一旦アナログにもどし、ようやくスタートラインに着くことができるのです。

 

あくまで準備作業なんですね。

 

さすれば、他社の光コラボでもフレッツ以外の光回線でも選択することができるのです。

 

まず、電話のアナログにもどす作業、これはNTTにお願いするしか有りません。

 お願いしてから数日後、NTT( から委託を受けた業者の人)が我が家に来て、作業しました。

 

家の中だけかと思ったら、いきなり電信柱に上り作業し始めたのにはびっくり。

その作業の後、我が家のしばし使っていなかった電話モジュラージャックに再び線を繋いで終了。

 

我が家はもともとアナログ回線だったものを光電話にしたため配線が残っており、作業費は2100円だそうです。

 

これがなければ1 万以上かかるとか。

 

業者の人が、最近同じ様なアナログ戻しの作業が凄く多いとのこと。

 「こればっかりですよ、最近」と言っておられました。

 

さもありなん。

 

我が家も光コラボがはじまってすぐに切り替えたた口です。

あれから2年経過し他の会社に変えようとする人が多いのでしょう。

 

電話はまあ、簡単に終わったのですが問題は地デジアンテナ。

 

給湯器と同様にこれがまた値段が千差万別。

色々紹介ブログとかもありますが、ステマっぽいのもちらほら。

これも給湯器の時と同じ。

 

築15年の家の屋根にアンテナを立てるのもナンナので、壁につけるタイプのデザインアンテナというのにしようと思ったのですが、デザインアンテナ+BSチューナーとなるとどの会社も5万以上、ブースターをつけると更にお高く・・・。

 (途中まで見ていると安い、と思ってもブースターをつけると更に15000円とかがとっても多い)

 

もう色々悩んでしまって、もうフレッツTVを継続しようかとも思いました。

 

さんざん探していて、ついに地デジ(デザインアンテナ)+BS+ブースターで48,000円という会社を見つけました。

 

ネット情報なので、色々条件をつけてこの値段とか、あるいはなんだかんだと見積もりしてみると高いパターンなどがありますので、メールで連絡。

 

下見積では確かに48000円。

 

それではと、実際に家に来てもらって詳細見積を取りました。

 

我が家はスカイツリー方向に瓦屋根の家があり、電波が遮られるのでは、と思ったのですが、なんとか壁面でつけられる場所を見つけていただきました。

 

しかも調査の結果、地デジ(デザインアンテナ)+BSアンテナ+ブースター(地デジ・BS)工事含んで見積と同じ48,000円でできるとのこと。

これまでネットで探していた一般的な金額よりだいたい1万円 ぐらい安い!

 

早速お願いすることにいたしました。

 

つづく。